最新情報

天神さんの梅の実

2008.06.06

ume1.jpg

 先日「余香殿なおらい」のスタッフで梅もぎを行いました。春には可憐な花を咲かせた梅の木々には、ぷっくらとふくらんだ梅の実がびっしりと成っています。
 まずは、竹で軽く枝を叩きます。そうすると、梅の実がぽろぽろと枝から離れます。それでも枝に付いている実はひとつひとつもいで行きます。
 写真は、神楽殿の前の小梅です。ほんのり赤く熟した姿は可愛らしく美味しそう。
 へたを取り、水洗いをした後にしっかり水分を拭き取ります。これで準備完了。
 余香殿なおらいで使う梅シロップなどにするため漬け込みます。

ume2.jpg 天神さんのお山で取れた梅の実が、しばらくすると皆さんの「なおらいメニュー」としてお目にかかることとなります。正に「地産地消」です。しかし、昔はこれが当たり前でした。便利になったのは良いけれど、感謝し有り難く頂戴する生活のしくみが段々と薄れて行くのはいたたまれません。

 天神さんのお山には400本の梅の木が有り、そこから取れる梅の実は約2トン。このほとんどは、職員手作りの「福梅」になります。そして来週、6月14日(土曜日)、皆さんにも梅もぎ体験を通して、収穫の感謝をご一緒に学ぶワークショップを開きます。まだ受付真っ最中です。興味の有る方は「余香殿なおらい」電話0564-45-1144までお問い合わせください。

月別アーカイブ

ページの先頭へ