最新情報

井伊の赤備え、今年も展示

2012.04.05

akazonae_01.jpg

 余香殿なおらいで今年も「井伊の赤備え」の展示を始めました。
 「井伊の赤備え」とは、ご覧の通り赤(濃い朱色)一色の甲冑で、徳川四天王のひとり井伊直政率いる精鋭部隊の軍装です。
  この「赤備え」は、旧武田信玄旗下の猛将山形昌景の家臣団を寄力として多数召し抱え、その軍装である「赤備え」を引き継いだことに始まります。
 以来、井伊家の軍装は幕末に至るまで「赤備え」をもって基本とされ、あまたの戦場においてその武勇を誇りました。ちなみに赤い軍装の井伊直政は「井伊の赤鬼」と呼ばれ
恐れられたと、ものの本は伝えています。 
 この赤備えの甲冑は滋賀県の旧家に長く伝えられたもので、岩津天満宮にご縁有って奉納されたもの。保存状態も良く、往時の美しさを保っています。
 端午の節句を控え、展示をいたしましたので是非ご覧になってください。

月別アーカイブ

ページの先頭へ