最新情報

昨日の日曜日は梅もぎ体験の日

2011.06.06

 6月5日(日曜日)、岩津の天神さんの御神苑で梅の採取を行う、梅もぎご奉仕を行いました。毎年この季節、お抹茶の色のような実を付ける梅の実をもぐご奉仕も早今年で4回目を数えることになりました。
 早朝、余香殿なおらいに参加の皆さんが全員集合し終えると、天神様のご神前でお祓いを受けます。今年は、本殿・拝殿の改修工事中なので、飛梅殿(社務所の有る建物)の中の洗心の間(せんしんのま・平素はご祈祷を受ける方が、その前に心を静める控えの間となっています。)の仮殿(かりでん)でお祓いを受けました。

oharai.jpg ご神苑の梅を採取する前に、天神さまへのご挨拶と怪我の無いよう無事ご奉仕を終えることを祈りました。お祓いを受け、清々しい気持ちを抱きながら、一同はご神苑へ。梅もぎのコツを職員さんより伝授して頂き、作業にとりかかります。

umemogi_001.jpg
kodomo.jpg

 ひとつぶひとつぶ、見逃しのないよう梅の実をもぐのはなかなか大変です。こうした作業を体験してみると、自然の力を感じるばかりか、この実が成るために手間ひまかけた人の手の労力にも思いは向かいます。特にこの3月の東日本大震災の後、当たり前に手に入ることの大変さ、有り難さを思わないではおれません。

umemogi002.jpg 短い時間でしたが、梅もぎご奉仕が終了しました。昨年よりも若干すくない収穫でしたが、これも自然の成せる技あってのことです。参加者全員で嬉しい収穫を携え、神楽殿に移動し、これから反省会です。

hanseikai.jpg 余香殿なおらいのオリジナル・梅カルピスを頂きながら、各々参加の感想を披露し今年も無事に終了いたしました。ご参加頂いた皆様、有り難うございました。
 さて、今回の梅もぎの参加費の一部は東日本大震災のチャリティー「神社復興義捐金」として使わせて頂くことになっています。実は、7月9日(土曜日)に開催する、七夕コンサートも同様の主旨で開催いたします。梅もぎとコンサートの義捐金ご報告はコンサート終了後集計し、7月末にご報告いたします。
 また、現在余香殿なおらい店内で集めている赤い羽根共同募金につきましても、7月末に併せてご報告したいと考えております。

月別アーカイブ

ページの先頭へ