最新情報

和菓まつり12開催

2015.10.05

甘味まつりチラシ10

10月9日(金曜日)午後1時よりは、恒例の和菓まつりを開催します。数えて12回目の今回は、野菜を素材にしたいろいろなスイーツをお届けします。トウモロコシのシフォンケーキ、ほうれん草のパウンドケーキ、にんじんのロールケーキ、山芋のチーズスフレ、カボチャのチーズケーキ、トマトとオレンジのゼリーなどなど、今回もスタッフの手作り、あたたかい美味しさをお楽しみください。
ご参加は予約制。まだ間に合いますので是非余香殿なおらいまでご予約をお願いいたします。

柄澤さんの展覧会始まる。

2015.04.04

naorai_haru

 天神さんの山桜が美しい花を見せてくれている昨日4月3日、余香殿なおらいでは「柄澤照文 三河一向一揆屏風を描く 一部始終展」が始まりました。これから半年の中帳場、制作過程の折々を是非ご覧ください。手が空いていれば、柄澤さんからお話も聞けます。

naorai_karasawa01

 写真は下絵を見ながら屏風の大画面に移して行くための構想中の柄澤さん。すでに下絵は3枚を数え、同時に取材も行ないながら画面イメージは変化と膨らみを得てきているそうです。本当に楽しみな展覧会になります。ちなみに一番目と二番目の下絵もご覧いただけます。
 

4月3日より始まります。「柄澤照文 三河一向一揆屏風を描く 一部始終展!」

2015.03.12

 早3月になり、岩津の天神さんの境内は梅の見頃(盛り)となっています。
 さて、4月3日(金曜日)よりいよいよ余香殿なおらいギャラリーにて「柄澤照文 三河一向一揆屏風を描く 一部始終展!」が始まります。
 岡崎在住のペン画家・柄澤照文さんがおよそ半年をかけて描く「三河一向一揆屏風」、その制作の一部始終をご覧頂こうという企画です。下絵からはじまり、完成まで8曲(8枚仕立)の屏風がどのように仕上がってゆくのか、何度でも余香殿なおらいにお運び頂きご覧ください。(入場無料です)
 三河一向一揆は22歳になった家康公が経験した大事件。家中を二分したこの三河一向一揆の様子が詳しく描かれるのは初めてとの事。家康公が薨去して四百年の本年、その記念事業のひとつとして開催いたします。
 詳しくは余香殿なおらいまでお問い合せください。

プリントプリント

今年もお世話になり有り難うございました。

2014.12.30

いらっしゃいませ

余香殿なおらい、平成26年は本日12月30日で、滞りなく終了いたします。一年、多くの皆様に和やかな「なおらい」をお届けし、本年も素敵な思い出が出来ました。天神さんのご参拝のおついでにお立ち寄り頂きました皆様に改めて御礼申し上げます。
さて、平成27年は例年の年の始めの通り、元旦よりご利用頂けます。初詣のご休憩、お土産、そしてこれも恒例になりました合格縁起物も変わらず取り揃え、皆様のお越しをお待ちしておりますので、お気軽にお運びください。
尚、余香殿なおらいのホームページのTOP画像も新しくなりました。絵と言葉はおなじみに柄澤照文さんにお願いしたもの。あたたかく、思わず笑顔になってします柄澤ワールド満開です。来る平成27年4月3日より開催予定の「柄澤照文・三河一向一揆屛風を描く展」にちなみ、わがまま申し上げ特に描いて頂きました。同じ絵は、新春の余香殿なおらいのウインドーでもご覧いただけます。
それでは皆様、良いお年をお迎えください。

予告・柄澤照文さん「三河一向一揆屛風を描く」展

2014.10.18

DSC03373
ペン画家として活躍されている柄澤照文さんの「三河一向一揆屛風を描く」展を平成27年(2015)4月3日(金曜日)より9月まで、余香殿なおらいギャラリーでの開催が決まりました。
この展覧会は、会期中に屛風を仕上げて行く過程をご覧頂けるというユニークなかたちです。下書きから始まり、そこに彩色がされて行く過程を、時間の経過と共に見て頂けます。
今回のテーマは「三河一向一揆」。若き徳川家康公が家中を分けた一向一揆に立ち向かう合戦図屛風。このテーマでは未だ視覚的表現はされていないそうで、それだけでも楽しみです。さらに、来年は「家康公400年祭」が生誕の地・岡崎、浜松、静岡で大々的に繰り広げられる記念すべき年。
学芸の神様「岩津天満宮」余香殿なおらいでは、この記念の年により地に足をつけた企画をご覧頂こうという主旨で準備を進めています。
会期中には、柄澤さんをはじめ地元の歴史家など専門の皆様をお迎えし、トークショーも開催する予定です。(写真2点は、「三河一向一揆屛風」の第一弾下絵です)
DSC03377

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 58

月別アーカイブ

ページの先頭へ