最新情報

柄澤照文さんの屏風展、7月1日より始まります。

2017.06.28

この4月より余香殿なおらいギャラリーで制作していたペン画家・柄澤照文さんの「大正五年の岡崎まち屏風」が完成いたしました。今回も、完成までの過程をご覧いただくというユニークな手法の展覧会でした。
身近な岡崎のまちというテーマ、詳細に見てゆけば今も続くお店や会社の名前、そして市制施行100年という条件が重なり、多くの皆様が制作鑑賞にいらっしゃいました。
7月1日より「大正五年の岡崎まち屏風」完成を記念して、これまで柄澤さんが制作して来た「岡崎城下町図」「足助山車まつり図」「三河一向一揆図」の3作品と共に、『柄澤照文「四」屏風展』を開催いたします。

◎ 会期 7月1日(土曜日)〜9月30日(土曜日)
◎ 会場 第一会場 岩津天満宮 洗心の間(鑑賞ご希望の方は授与所職員にお声がけください)
第二会場 余香殿なおらいギャラリー(会期中の水・木曜日は定休日となります)

会期中は柄澤さんによる作品解説をお聞き頂ける場合がありますので、ご希望の方は余香殿なおらいにお尋ねください。
ほのぼのとした柄澤タッチの中にも、綿密な資料収集と聞き取り取材の苦労が偲ばれる出来映えです。是非、この機会に屏風四作品をじっくりと間近にご覧ください。

6月25日は夏越の祓い 輪くぐり神事の日

2017.06.19

今度の日曜(6月25日)は夏越の祓い。夏越の祓いは1年の折り返し点、節目の日に半年間の厄や災いを祓い清めるお祭です。暑い夏にも体調を崩さず健康で乗り切れようにとの願いを込め、清々しい気持ちで後半の半年を過ごせるように祈る神事です。
「夏越の祓いする人は 千歳のいのち 延ぶというなり」の歌を詠いながら茅の輪を三度くぐります。輪くぐり神事に参列される方には、天神さんの職員手作りの開運厄除「茅守り(ちがやまもり)」が授与されます。(午前11時、午後2時の2回斎行されます)
さて、岩津の天神様は、厄除、病除の御神徳で有名な神様で、6月25日だけの「夏越祈祷」が執り行われます。

夏越の祓い・輪くぐり神事にご参列されましたら、余香殿で「なおらい」はいかがですか?この日、余香殿なおらいでは、夏越菓子「水無月(みなづき)」とお抹茶のセットをご用意いたします。
水無月を彩る小豆は魔を払い、かたちの三角は暑気払いの「氷」を表現したものです。水無月は名の通り6月のお菓子として有名ですが、夏越の祓いのその日に頂くのがやはり一番ですね。数量限定のご準備です。売切の際はご容赦ください。

●和菓まつり16のお知らせ お陰様で7月7日開催の和菓まつり16はご予約でいっぱいとなりました。参加のご予約を頂きました皆様有り難うございました。

七夕の日に「和菓まつり」16回を開催いたします。

2017.06.09

天神山は緑一色、自然の氣をいっぱいに受け気持ちもリフレッシュできる季節です。
さて、恒例の和菓まつりを7月7日(金曜日)午後1時より開催いたします。今回で16回目を数える和菓まつり、テーマは「茶スイーツ」です。ほうじ茶、緑茶、紅茶などを使い、余香殿スタッフが工夫、手作りした爽やかな和菓に仕立て上げます。
どうぞ、この日だけは甘いもの沢山召し上がれ!
ご参加希望の方は、完全予約制ですので余香殿なおらいまでご一報ください。毎回大人気、お早めの連絡をお願いいたします。

月別アーカイブ

ページの先頭へ