最新情報

10月15日(土)は和菓まつり15です!

2016.09.16

%e7%94%98%e5%91%b3%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8aposter15-15-33-36

秋が段々と近づいて参りました。とは言え、日中はまだ蒸し暑く、時ならぬ「残暑」の言葉が未だ実感する今です。

さて、季節をとらえてお届けしている余香殿なおらいの恒例祭事「和菓まつり」の第15回目を、10月15日(土曜日)午後1時(〜3時)に催すことになりました。今回のテーマは、正に秋の味覚であるリンゴとサツマイモ、そして健康に気遣う方が注目するゴマをとりあげ、手作りの和菓(スイーツ)に仕立て上げます。
常連となったお客様も多く、毎回早くに予約が一杯になってしまいます。どうぞお早めにご予約いただき、是非私たちが思いをこめて作りました和菓をお召し上がりください。ご予約及びお問い合せは余香殿なおらいTEL.0564-5-45-1144までご連絡をお願いいたします。

柄澤屏風第一作登場!

2016.09.13

昨年、半年をかけて「余香殿なおらい」で制作された柄澤照文さんの屏風作品「三河一向一揆屏風」の圧巻の印象は記憶に新しいところです。綿密な取材に裏付けされた歴史絵巻は、余香殿での制作・展示の後、岡崎市内各所で巡回展示され、さらに多くの皆さんがご覧になっています。
さて、その柄澤屏風の記念すべき第一作「足助八幡宮祭礼屏風」を、9月25日(日)〜10月28日(金)まで、余香殿なおらいギャラリーにてご覧頂くことになりました。
asuke 古くから中部の山岳地帯と太平洋沿岸各地とを結ぶ交通の要地だった足助に鎮座する足助の八幡さまの例祭の模様を色鮮やかに描き上げた圧巻の屏風です。この祭は江戸時代より続く伝統行事で、足助のまちを上げて執り行われています。

%e8%b6%b3%e5%8a%a9%e5%85%ab%e5%b9%a1%e7%a5%ad%e7%a4%bc%e5%9b%b3

柄澤ファンはもとより、岩津の天神さまにお参りの皆様にも、是非ご覧頂きますようお願いいたします。
なお、柄澤さんは現在、岡崎市内で第4作目(「足助八幡宮祭礼屏風」「岡崎城下町屏風』「三河一向一揆屏風」)に着手されており、テーマは「大正時代の岡崎」とのことです。
◎余香殿なおらいギャラリー 午前10時から午後4時(木曜定休・9/28、29は連休を頂いております)

月別アーカイブ

ページの先頭へ