最新情報

柄澤さんの展覧会、本日盛況のうちに終了

2012.07.25

 「柄澤照文屛風を描く展」は本日終了いたしました。ご好評を頂き、また中日新聞の報道も有り、沢山の皆さんが余香殿なおらいにいらっしゃいました。皆さん本当に有り難うございました。
また、大事な作品を展示して頂いた柄澤照文さんに改めて感謝いたします。

7月25日まで会期延長!「柄澤照文屛風を描く展」

2012.07.16

IMG_0103.JPG

 大変好評を頂いております「柄澤照文 屛風を描く展」の会期を7月25日(水曜日・天神さまの日)まで延長することになりました。すでに三度もご覧になっている方もいらっしゃるほどの人気です。未だご覧になって居ない方、もう一度見たい!という方、岩津天満宮・余香殿なおらいにお運びください。

和菓まつり、和やかに過ごしていただきました

2012.07.15

wa_01.jpg 7月14日(土曜日)、余香殿なおらいの初の試み「和菓まつり」を開催いたしました。
 和菓とは私たちが造った言葉で、和やかな美味しさんの手作りのお菓子のこと。余香殿でのひとときを、甘いお菓子と共に楽しくお過ごし頂こうと企画し、 小さなお子さん連れのお母さんグループ、ご夫婦やご家族連れ、お友達同士など多くの方にご参加頂き、賑やかに開催することができました。(写真は当日用意した和菓の一部です)

wa_02.jpg ご参加頂いた皆さんからは、手作りのお菓子へのお褒めの言葉から、次回の参考になる感想まで、いろいろなお話も伺うことが出来ました。子どもたちの賑やかな声に包まれ、甘いものに思わず笑顔がこぼれる、その時間こそ、まさしく「なおらい」の時と感じました。
 ご参加頂きました皆さん、有り難うございました。次回をお楽しみに!

wa_03.jpg

ことしは1423の願い事が集まりました

2012.07.10

292375_410817685630689_103702591_n.jpg

 岩津の天神さんの七夕祭り「とどけ1000人の願い」に、今年は1,423の願い事をお寄せ頂きました。
 願い事は、健康を祈るもの、お子さんの無事生育を願うもの、アニメの主人公になりたいというほほえましいものまで、あらゆる世代の皆さんの願い事が集まりました。
「とどけ1000人の願い」にご参加頂いたのは、 ご参拝の皆さん、岩津保育園、細川保育園、あさひこ幼稚園、まこと幼稚園、レオナ第二幼稚園、北部地域福祉センター、特別養護老人ホーム・真福の郷、岡崎介護センター・スミレ、岩津天神太鼓、岡崎信用金庫岩津支店(以上順不同・敬称略)です。
 本当に有り難うございました。
 1,423枚もの短冊。それはお一人おひとりの「ひとつ」の願い事が1,423集まったということ。天神山の風にそよぐ色とりどりの短冊の美しさにこめられた皆さんの願い事に思いは向かいます。

IMG_0061.JPG

本日より「柄澤照文 屛風を描く展」、始まる

2012.07.06

krasawa_pop.jpg

 本日7月6日(金曜日)から16日(祝日・月曜日)、余香殿なおらいで岡崎在住のペン画家・柄澤照文さんの「屛風を描く展」が始まりました。
 岡崎城下町図の6曲屛風をはじめ、その下絵2点、足助宿場町屛風など2点、そして東岡崎駅前や中心街の岡崎の町並みを描いた代表作5点を展示しています。

IMG_0112.JPG 岡崎城下町図など江戸時代の絵は、綿密な調査と専門家の意見を取り入れた、取材をベースにした柄澤さんらしい取り組みから「かたち」になったものです。しかし、時代考証だけではなく、そこに絵描きの「愉快な嘘」をスパイスとしてひそませたところに、私たちが魅かれる柄澤さんの作風の秘密があるのではとふと思います。

IMG_0102.jpg 作家のお話を直接伺える日は、7/7(土)、8(日)14(土)、16(祝・月)の四日間です。
岩津の天神に表れた江戸時代の岡崎を是非ご覧ください。

月別アーカイブ

ページの先頭へ