最新情報

梅を干しています

2011.07.24

DSCN0292.JPGDSCN0291.JPG
天神さんに続き、余香殿でも今日から梅干しとしそを干し始めました。
この梅は、喫茶のメニューにある、梅プリンのあんを使ったり、うどんセットのご飯(梅ごはん)に使っています。
しそはゆかりにします。
この梅をみてお客様が「美味しいそう」と言って下さると今年もまずまずの出来映えかなと嬉しくなります。
梅干しを使ったプリンなど、ぜひ食べにお越し下さい。

台風接近中!!

2011.07.19

DSCN0245.JPG

台風6号が東海地方にも接近しています。
朝から雨風が強く、余香殿の中庭は大きな水たまりが時折出来ています。。
今も風の音が響く中、梅の木をはじめ、いろんな木がすごい勢いで揺れています。
今後も雨風が続くと思いますが、皆様十分お気をつけ下さい。

天神さんの福梅(夏バテ防止に)

2011.07.13

DSCN0238.JPG 梅雨が明け、毎日暑い日が続いています。
今年も、天神さんの境内社務所前では、塩漬けにした梅がおひさまをいっぱいに浴びカリッカリになるまで干されます。それが福梅(授与品)です。 
そのままだと食べにくいのでおすすめの食べ方としては、ご飯と一緒に炊いて頂くこと。又、お湯の中に入れて梅茶としても頂けます。一袋300円でご購入頂けます。
この夏、福梅を食べて暑さをのりきりましょう!!

七夕コンサート和やかに終了

2011.07.10

 昨日、昼・夜の2部構成で七夕コンサートを開催いたしました。お暑い中を多くの皆さんにお運び頂き、それぞれ大盛況で終了することができました。

7.9co01.jpg この日の主役はソプラノ歌手・荻和子さん。岩津の天神さんでは3回目のコンサートとなります。今回は、東日本大震災のチャリティーをテーマに、プログラムもそれに併せた癒しと元気にあふれた構成になりました。
 荻さんのコンサートなら全て行っていますという大ファンから、荻さんの歌も余香殿なおらいも初めてという方まで、皆さん大満足そして感動の催しになったと思います。
 歌は人の心を和やかに、そして優しく癒します。荻さんの豊かな歌声には、この二つの力が満ち、故に聴衆はまるでゆりかごに乗ったような安らぎを覚えます。
 ピアノの浅井啓子さんとの息もぴったり。七夕コンサートのためのリハーサルの積み重ねが忍ばれます。1曲1曲、この時余香殿に集まった全ての人々が、宝物を愛でるような時間を共有しました。

7.7co_04.jpg さて、荻さんコンサートの楽しみは、その衣装にもあります。ドレスは昼・夜違う色とデザインのもの。休憩の後の2部には、コンサートでは初めてのカジュアルな装いの彼女に、聴衆は大喜びでした。この衣装は、夜の部共催のブティック・グローリーガイさんの提供によるものです。(ちなみに今回のチラシの撮影で使用したものと同じ衣装を着て頂きました)

7.7co_03.jpg 上の写真は夜の部で、中庭に並べたキャンドルの模様。生憎中庭に吹き込む風で炎はすぐにかき消されてしまいましたが、またたくにようになキャンドルの美しさがコンサートに花を添えました。

7.7co_05.jpg  コンサートが終わるとお楽しみの交流会。お昼はケーキは和菓子のスイーツビュッフェ。夜は、タンドリーチキン、山芋のグラタン、ナムル、肉味噌豆腐などなどのお料理でおもてなしをいたしました。スイーツも料理も、一ヶ月前からこの日のために検討を重ねた、余香殿なおらいスタッフの手作りでした。やはり、手作りは温もりある美味しさがあります。
 名残を惜しむ様にお客様は三々五々、お帰りになり、余香殿の特別な一日は和やかに終了いたしました。コンサートにご参加頂きました皆さま、有り難うございました。また、わくわくする催しを企画し、お知らせいたします。

 

ありがとうございました。1,342の願いが集まりました。

2011.07.08

tanabata_2011_f.jpg 7月1日から7日にかけて天神さんの社務所、余香殿、神楽殿に計9本の笹竹に飾り付けた七夕の最終集計が出ました。今年も幼稚園、保育園のお子さんたちから大人の皆さんまで、幅広い世代の皆さんのご協力を頂き1,342のお願いが集まりました。
 途中、そして本番の7日(昨日)には激しい雨になり、短冊がどうなるかとても心配でしたが、皆さんのお願いパワーの強さで、悪天候をしのぐことができました。
 今年で4回目を迎える天神さんの七夕、岩津の天神さんに寄せる皆さんの思いの深さを大切にしたいと改めて思います。
 お寄せ頂いたお願い短冊は、余香殿なおらいの天神様にお供えをした後、改めてお祓いをさせて頂きます。皆様、本当に有り難うございました。

1 2

月別アーカイブ

ページの先頭へ