最新情報

輪くぐり神事とからさわさんの手作り人形

2011.06.26

wakuguri_2011.jpg

 本日(6月26日・日曜日)、岩津の天神さんの夏越の祓い・輪くぐり神事は執り行われています。(このブログを書いているのはちょうど当日のお昼です)
 午前中は11時より、そして2時より午後の神事が行われます。午前中は三々五々集まられた参拝の皆さんも加わり、茅の大輪を3度くぐり、健康祈願いたしました。蒸し暑い6月の下旬、これから迎える暑い夏を無事健康で乗り越えられ様、そして今年は特に、3月11日の地震、津波、原発事故で被害にあわれた皆さんの健康も併せてお祈りすることになりました。

 さて、このお祭りの日、余香殿なおらいにめでたい縁起物の人形が登場しました。作者はペン画家として知られる、からさわてるふみさん。粘土のかたちづくりから彩色まで、ひとつひとつ、すべてからさわさんの手づくりです。

karasawa.jpg  牛に乗った天神さん、大黒さん、福助、まねき猫、かめなど、単純なかたちの中になんとも言えない愛嬌とやさしさがこもった人形ばかり。からさわさんの人形は人気があって、熱烈なファンも多いと聞いています。手元において時折ながめるだけで、和やかな1日を過ごせそうですね。限定品ですので、お早めに。(もしかしたら、早い者勝ちになるかも)

tenjin_k.jpg

  からさわてるふみ(柄澤照文)   ペン画家。1949年愛知県生まれ。「塩の道」や利根川流域、江戸時代の先人の足跡を訪ねてスケッチ旅をしたり、各地の町並みや農山村の風景などを描いている。また、絵日記やねんど細工などの創作をしている。

雨の日の趣き

2011.06.20

DSCN0227.JPGDSCN0234.JPG

 最近ずっと雨やくもりで今日も朝から雨模様。
雨の趣を感じさせてくれる紫陽花が岩津の天神さんにも奇麗に咲き始めました。
上の写真は、鳥居から石の階段を上がって来る途中に青い紫陽花が咲いています。
また、余香殿の喫茶からは白い紫陽花が見られます。(下の写真)

余香殿ではそんな雨の日がお得! 6月限定で、お食事をされた方に食後のドリンク代を半額にさせて頂いています。
どうそ雨の日、天神さんへ紫陽花を見にお越し頂きますよう、お待ちしております。

2年振り、荻和子さん「七夕コンサート」開催

2011.06.07

tanbata_co01.jpg 月9日(土曜日)余香殿なおらいで、ソプラノ歌手・荻和子さんの3回目のコンサートを昼・夜二部構成で開催することになりました。過去2回のコンサートで
は、熱烈な荻さんファンを始め、多くの皆様が荻さんの歌に感動し、そして交流パーティーでは、和やかな時間を過ごされました。今年もきっと、そんな素敵なひとときをご一緒できると想います。

 さて、今回のコンサートには特別な意味があります。それは、東北(東日本)を襲った大震災のお見舞いをさせて頂くチャリティーとなることです。主催・共催の私共や荻さん、関係者一同の願いを託し、被災されたすべての皆様への想いをこめた内容になります。参加料の一部は、神社復興義損金として、岩津天満宮から神社本庁を通じ、東北地方の被災神社復興や避難所となっている神社の支援活動のための一助とさせていただきます。

 コンサートの後は、昼の部はお茶とお菓子で、そして夜の部はお料理で、共に余香殿なおらいスタッフ手作りのメニューで交流の会を併せて行います。是非、皆様お誘い合わせの上、ご参加頂けます様お願い申し上げます。
—————————————————————————–
東日本大震災チャリティー
七夕コンサート/7月9日(土曜日)岩津天満宮余香殿なおらい

◎昼の部/定員40名(定員になり次第締切らせて頂きます)
 午後1時半開場・2時開演
 
入場料 3,000円(お茶とお菓子付・前売制)
—————————————————————————–
◎夜の部/定員40名(定員になり次第締切らせて頂きます)
 午後6時半開場・7時開演
 
入場料 5,000円(お食事付・前売制)
—————————————————————————–
主催  岩津天満宮・余香殿なおらい
TEL.0564451144
—————————————————————————–
夜の部共催
MEN’S FASHION
グローリーガイ
TEL.0564260674  http://www.gloryguy.jp

—————————————————————————–
◎入場券は上記にて前売中です
◎夜の部につきましては中学生以下のご来場はご遠慮ください
◎夜の部はアルコール類の準備もあります
クルマを運転される方はご配慮をお願いいたします

●入場料の一部は東日本大震災神社復興義損金として寄付させていただきます

tanabata_co02.jpg

昨日の日曜日は梅もぎ体験の日

2011.06.06

 6月5日(日曜日)、岩津の天神さんの御神苑で梅の採取を行う、梅もぎご奉仕を行いました。毎年この季節、お抹茶の色のような実を付ける梅の実をもぐご奉仕も早今年で4回目を数えることになりました。
 早朝、余香殿なおらいに参加の皆さんが全員集合し終えると、天神様のご神前でお祓いを受けます。今年は、本殿・拝殿の改修工事中なので、飛梅殿(社務所の有る建物)の中の洗心の間(せんしんのま・平素はご祈祷を受ける方が、その前に心を静める控えの間となっています。)の仮殿(かりでん)でお祓いを受けました。

oharai.jpg ご神苑の梅を採取する前に、天神さまへのご挨拶と怪我の無いよう無事ご奉仕を終えることを祈りました。お祓いを受け、清々しい気持ちを抱きながら、一同はご神苑へ。梅もぎのコツを職員さんより伝授して頂き、作業にとりかかります。

umemogi_001.jpg
kodomo.jpg

 ひとつぶひとつぶ、見逃しのないよう梅の実をもぐのはなかなか大変です。こうした作業を体験してみると、自然の力を感じるばかりか、この実が成るために手間ひまかけた人の手の労力にも思いは向かいます。特にこの3月の東日本大震災の後、当たり前に手に入ることの大変さ、有り難さを思わないではおれません。

umemogi002.jpg 短い時間でしたが、梅もぎご奉仕が終了しました。昨年よりも若干すくない収穫でしたが、これも自然の成せる技あってのことです。参加者全員で嬉しい収穫を携え、神楽殿に移動し、これから反省会です。

hanseikai.jpg 余香殿なおらいのオリジナル・梅カルピスを頂きながら、各々参加の感想を披露し今年も無事に終了いたしました。ご参加頂いた皆様、有り難うございました。
 さて、今回の梅もぎの参加費の一部は東日本大震災のチャリティー「神社復興義捐金」として使わせて頂くことになっています。実は、7月9日(土曜日)に開催する、七夕コンサートも同様の主旨で開催いたします。梅もぎとコンサートの義捐金ご報告はコンサート終了後集計し、7月末にご報告いたします。
 また、現在余香殿なおらい店内で集めている赤い羽根共同募金につきましても、7月末に併せてご報告したいと考えております。

月別アーカイブ

ページの先頭へ