最新情報

岩津の天神さんの「献灯祭」大いに賑わいました

2009.08.26

09_8.25_004.jpg

 8月25日(火曜日)、岩津の天神さんでは恒例の宵宮祭「献灯祭」が行われました。境内を埋める竹の雪洞(ぼんぼり)に照らし出された、夜の天神さんは、参拝の皆さんも驚く程の美しさでした。
 
 さて、この日、余香殿なおらいでは天神様のご縁日にちなんだ催しを開きました。
09_8.25_002.jpg 午後2時よりは、余香殿なおらいの前で、こどもたちの賑やかな声が響いた縁日。金魚すくいや風船つり、クジ引き大会、ラムネの販売などで、沢山詰めかけて頂いたお子さん、お母さんが楽しい時間を過ごしました。

09_8.25_005.jpg 午後3時からは、大山光広さんによる懐かしい紙芝居劇場を神楽殿で行いました。大山さんは一級建築士。忙しいお仕事のかたわら、読みきかせのボランティアで活躍されています。民話からご自身のオリジナル紙芝居「つばめ」まで、美しい絵と絶妙の語り口で、子どもたちを釘付けにしました。

  午後6時、次第に夕闇迫る頃、拝殿では献灯祭の神事が行われ、続いて、境内に置かれた竹の雪洞に一斉に灯りが点されます。次第に闇が濃くなる中、雪洞の灯りは美しさを増し、まさに幻想的な天神さんの境内風景が浮かび上がって参りました。

09_8.25_006.jpg09_8.25_007.jpg 時を同じくして余香殿なおらいでは「天神麦酒庭園」の始まりです。入口の軒先に提灯を掲げ、炭火で焙るビールの肴のいい匂いが漂ってきます。献灯祭にお運び頂いた参拝者の皆さんが、三々五々、余香殿のまわりに集い始めます。

09_8.25_001.jpg09_8.25_008.jpg スタッフ丹精の美味に舌鼓を内、冷たいビールや飲み物で喉を潤しながら、素晴らしい境内の景色にさらに酔いながら、楽しい一夜が過ぎて参ります。そして、素晴らしい境内の雰囲気を静かに盛り上げるピアノ演奏も加わりました。
 この時、余香殿なおらいの中では、市内の太田油脂さんが伝統のお灯明油を使い、光の空間を演出して頂けました。各所に置かれたお灯明が余香殿のガラス窓に反射し、こちらもまた、幻想的な空間になりました。

09_8.25_003.jpg 昼間の残暑もどこに行ったやら。爽やかな初秋の風がときおり気持ちよく頬を撫でます。献灯祭が終われば、天神さんにもいよいよ本当の秋が参ります。

日本の「包み」の文化に感動!

2009.08.23

titlews09.jpg

 余香殿なおらいの夏休み連続ワークショップも、8月22日(土)、最後のプログラムが無事終了いたしました。
 「ゆかたの着付け」で講師をお願いした野川京子さんが、再度の登場。今回は「風呂敷のラッピング」を教えて頂きました。

ws_8_22_0001.jpg ご挨拶を頂いた後、余香殿なおらいで販売中の素敵な風呂敷の中から、お好きな1枚を選んで頂き、それを使い今日のラッピングを習います。選んだ風呂敷は今回のワークショップの参加特典でお土産にもなりました。

ws_8.22_0002.jpg 野川さんは京都にある「風呂敷研究会」のメンバーで、風呂敷の活用について様々な勉強をされています。1枚の布が変幻自在、包むものの形状に合わせて、様々な包みのカタチに変化してゆくのに、一同感動。
 しかし、結びの基本はたったの3つ。「真結び」「ひとつ結び」、そして「プレーンノット」(ネクタイの結び方に似ています)。この3つを駆使し、箱や瓶、四角形、球、筒状などなど、次から次へと風呂敷ラッピングが展開して行きます。

ws_8.22_0004.jpgws_8.22_0006.jpg

ws_8.22_0010.jpg
 風呂敷の歴史は大変古く、正倉院の御物の中に舞楽の衣装を包む布が残されているとか。室町時代になると、大名が風呂に入る時、来ていた装束を自家の家紋入の布に包んだことから「風呂敷」と呼ばれるようになったという説もあるそうです。
 江戸時代になると風呂敷は庶民の間にも普及し、特に火事の多かった江戸の町民は、ひとたび火事に見舞われると、身のまわりのものを風呂敷に包み、安全な場所に避難をしたそうです。必要最小限の生活の道具で、営まれ生活に風呂敷は無くてはならない、大事な道具のひとつだったんですね。

ws_8.22_0005.jpg 風呂敷の歴史のお話を織り交ぜながらワークショップは賑やかに行われました。ものを包むという機能性が基本ですが、そこに折りや結びの美しさを加えて行くのも日本人ならではの美意識です。

ws_8.22_0008.jpg 20種類を超える風呂敷ラッピングを教えて頂き、参加の皆さんからは、「実際に活用しなければ」とか「昔の人の知恵はすごい」、「高齢者のリハビリにいいですね」など、ワークショップでの感想も頂戴しました。アイデア次第で色々な包み方が考案できる風呂敷包みの世界は、本当に想像力を刺激します。全てのプログラムが終了し、恒例の打ち上げは、余香殿なおらいのスタッフ手作りのバナナケーキと飲み物を楽しみました。

ws_8.22_01.jpg  連続ワークショップもご参加頂いた皆さんのおかげで楽しく有意義に終了いたしました。そして、モノづくりや伝統的な文化等に接することで、身近にあるもので実に多くを学ぶことができる、という発見もありました。
 余香殿なおらいでは、これからもいろいろな楽しい学びをご提供して参りたいと思います。有り難うございました。

8月25日は天神さんの献灯祭

2009.08.17

chuochin.jpg

 立秋を過ぎたとは言え、遅い夏は真っ盛りです。今年も8月25日、岩津の天神さんの宵宮祭「献灯祭」が間近になりました。竹の雪洞が灯す、夜の天神さんの境内風景は、幻想的な美しさ。いつもとは違う、ほのかな灯りに浮かび上がる、天神さんを是非ご覧になってください。
 この献灯祭の竹の灯篭はどなたでもご献灯できます。岩津の天神さんのホームページより献灯用紙をダウンロードし、願いごとを記し、天神さんの社務所までお申し込みください。献灯料は1灯1,000円です。

献灯祭01.jpg さて、献灯祭の日には余香殿なおらいより「なおらい縁日」をお届けします。
 午後2時よりは、金魚すくい、風船つり、お菓子のつかみどり、天神紙芝居劇場(午後3時より)などなど、お子様向けの楽しい催しがいっぱい。是非、ご家族一緒に遊びにいらしてください。
 続いて、午後6時、献灯祭の始まりと同時に、「天神麦酒庭園」、すなわちビアガーデンをお届けします。
 昨年も好評を頂いたこのビアガーデン。天神さんの境内を彩る献灯の灯りを肴に、冷たく冷やしたビールで喉を潤して頂こうという趣向です。もちろん、花より団子、ビールにぴったりの肴は美味な色々をご用意しています。また、大人ばかりではなく、お子さん向きの飲み物も準備していますのでご安心を。
 尚、ビールの大好きな方はクルマでのご来場はご遠慮くださいね。

岩津の町の夏祭りに参加しました

2009.08.15

odori.jpg

 8月13日・14日は岩津の天神さんの地元、岩津の町の夏祭り。岡崎市の北部地域交流センター「なごみん」の駐車場に設けられたお祭り会場で、盆踊りやお祭り気分を盛り上がる露天が立ち並び、お盆の夜を楽しみました。

roten.jpg 今年から、余香殿なおらいも参加し、手作りの美味を販売しご好評いただきました。特製のタレに漬け込んだ「きゅうり棒」は人気の筆頭、そして余香殿定番の「梅プリン」、「梅カルピス」、この日のみの限定「梅酒サワー」などを用意、夏祭りに参加された皆さんに大変喜んで頂きました。
 さて、8月25日(火)は、天神さんの宵宮祭「献灯祭」です。また、当日は昨年に続き、余香殿なおらい「ビアガーデン」も開催。岩津の夏祭り会場では、まだまだ終わらない夏の楽しみを大いにアピールして参りました。

chouchin.jpg

やっと干せました。

2009.08.12

ume_hoshi.jpg

 先日やっと梅雨が明け、待望の梅干の天火干しができました。梅の実はもちろん、天神さんのお山産。この梅干を使い、余香殿なおらいのオリジナルメニューが出来上がります。

1 2

月別アーカイブ

ページの先頭へ