最新情報

着崩れしない浴衣の着方を習得!

2009.07.26

titlews09.jpg

 今日(7/26・日)、余香殿なおらいの夏休み・連続ワークショップの第2弾「花火大会のためのゆかたの着付け」を行いました。本日の講師は着付け師範の野川京子さん。タイトルにある様に、来週の土曜日は岡崎の花火大会、そして今日は豊田おいでん祭の花火大会の日。夏のまつりには、やはり「ゆかた」。美しくゆかたを着て、おまつりを一層楽しみましょう、という趣向です。

ws_7.26_01.jpg  講師の野川さんに一番教えて頂きたいのは、「苦しくなく、着崩れしない極意」。夏まつりの雑踏の中で、せっかくのゆかた姿も乱れてしまっては残念です。日頃洋装になれた日本人の生活ですが、やはり、すっきり涼やかに着物姿をきめてみたい。そんな要望を叶えてもらえるワークショップです。
 
WS_7.26_02.jpg きちんと合わせ、紐を一ヶ所できりりと締めれば涼やかな立ち姿が出来上がります。幾通りもある帯の結び方も2、3種類教えて頂き、これで万全!もちろん、案外知らない、着物のたたみ方もご教授願えました。

WS_7.26_03.jpg 着付けが終了したら、境内に場所を移し、お一人お一人、拝殿をバックに記念撮影を行いました。もちろん、その前に天神様に参拝し、暑い夏を健やかに乗り越えられる様、お願いをいたしました。
 最後に、今回のワークショップの振り返りを兼ねて、参加の皆さんと余香殿なおらいで冷たい飲み物と、手作りのアップルパイで打ち上げです。
 さて、次回のワークショップは↓ 8月1日(土)、親子で挑戦するアロマ・マッサージです。ご期待くださいね。

03ws09.jpg

紙バンドのバッグ、立派に完成!

2009.07.19

titlews09.jpg 7月18日(土)・余香殿なおらい連続ワークショップの一回目、加藤さゆりさんの「紙バンドでバッグ作り」を開催しました。

 紙バンドを丁寧に編み上げ、ひとつの完成形にするにはなかなか根気の要る作業でしたが、余香殿の一隅に設えた臨時工房で、参加の皆さんは熱心に取り組んで頂けました。

WS02_7_18.jpg 加藤さんより工程のひとつひとつを丁寧に説明していただき、一歩一歩進んでゆく内に段々と最終形状が見えてきます。素材は紙なのですが、なかなか上部で、重たいものを入れても充分な耐久性がありそうです。
 「濡れてしまったらどうなりますか?」という質問には、乾かせば元の形に簡単に直るのも、この素材の魅力という回答に一同納得。

WS01_7_18.jpgWS03_7_18.jpg 集中している内に時間はあっという間に過ぎて、早3時間を経過。持ち手の部分の紙バンドを丁寧に巻き上げ、最後に天神さんらしい「梅の花」のワンポイント(これも紙バンド製)を付けて完成です。

完成.jpg 完成品を見ながら一同、余香殿なおらい自慢のお飲物で喉を潤し、満足のワークッショップは終了しました。尚、加藤さゆりさんの作品を余香殿なおらいで展示(販売もしています)中。是非ご覧ください。
 次回のワークショップは↓
02ws09.jpg まだまだ定員には余裕があります。是非、ご参加ください。

天神さんの七夕、1082のお願いが集まりました

2009.07.08

onegai09_02.jpg

 七夕が明けた今日、余香殿なおらいのスタッフ一同で笹竹よりお寄せ頂いた短冊を一枚一枚ていねいにはずし、その集計を行いました。今年はなんと、昨年の1002枚を超える1082枚の短冊が集まりました。
 願い事をお書き頂いた皆さん、本当に有り難うございました。
 1082枚の短冊はしばらく、余香殿なおらいの天神様にお供えし、その後、お祓いをいたします。
 一枚一枚に記された、あたたかい願い事は、きっと天神様に届くでしょう。

夏休み・連続ワークショップが始まります!

2009.07.06

titlews09.jpg

 もうすぐ夏休み。余香殿なおらいから、天神さんで楽しく学ぶ連続ワークショップをお届けします。
 ご家族、お友達とご一緒に是非ご参加ください。全5回の内容は下記の通りです。

01ws09.jpg
02ws09.jpg

03ws09.jpg
04ws09.jpg
05ws09.jpg
●各ワークショップの申し込み締切り日をご確認いただき、余香殿なおらいまでお申し込みください。尚、定員になり次第閉め切らせていただきます。

本日から天神さんの七夕

2009.07.04

tanabata09.jpg

 今日(7/4)から、今年も天神さんの七夕が始まりました。余香殿なおらいを通じて、昨年同様1000人の願いを募り、集まったお願いは今日現在で1000を超えています。小さなお子さんの可愛らしい「絵」のお願いから、受験合格や健康回復、将来の夢など、多くの皆さんの願い事を笹竹に飾り、境内は夏の歳時記の色に染まっています。
 七夕飾りの展示はもちろん7日まで。拝殿から余香殿なおらい、そして神楽殿にかけて展示しています。
 七夕当日まで続けてお願い短冊を余香殿なおらいでお書き頂けますので、是非、ご参加ください。

tanabata09_02.jpg
 

月別アーカイブ

ページの先頭へ