最新情報

本日(9/13・月)から余香殿は「だんだん」です。

2010.09.13

 「だんだん」とは島根、鳥取地方の方言で「ありがとう」という意味です。土地の方によれば、書き言葉の「有り難う」よりも、もっとあたたかなニュアンス持った言葉なんだとか。
 そんな「だんだん」をイメージして、本日から余香殿なおらいでは敬老の日の企画が始まりました。
 まずは、「だんだん」と名付けられた島根の老舗・彩雲堂からのお取り寄せ菓子とお抹茶のセット(500円)。素朴な焼き菓子にクルミの風味を添え、粒あんをはさんだ「だんだん」とお抹茶が良く合います。このセットは本日より9月23日(祝)までの限定です。

shop_dandan.jpg
 さて、もうひとつの催しは、おじいちゃん、おばあちゃんの似顔絵展示です。余香殿なおらいギャラリーに展示が始まりましたので、是非ご覧ください。どれもこれも、大好きなおじいちゃん、おばあちゃんの特徴をとらえた力作ばかりです。また、小さなお子さんの想像力の豊かさに改めて感心します。
 この展覧会は10月24日(日)に開催される「筆まつり」まで続きます。展示期間も長いので、似顔絵の募集はしばらく継続いたしますので、是非多くのお子さんの参加をお願いいたします。似顔絵をお寄せ頂いたお子さんにはお菓子詰め合わせをもれなく進呈いたします。尚、似顔絵の用紙は余香殿なおらいのスタッフまでお尋ねください。

100913_135446.jpg

月別アーカイブ

ページの先頭へ